海外勤務で外貨両替を見直す

海外勤務の辞令が出たら外貨両替はどうしたらいいか

海外勤務を拒めないが生活費は外貨両替しておく

海外勤務の辞令が出たらどうしますか

海外に支店や、拠点が存在する企業にお勤めの方にとって、突然、海外勤務の辞令が下される事は、ある程度は覚悟しておかないといけません。しかしながら、予期していなかった人事は、当人にとっても、家族にとっても、うろたえてしまう原因になってしまうかもしれません。慣れ親しんだ日本を離れ、遠い異国の地で仕事をしなければならないのかって考えただけで、大きな不安がのしかかって来るのが容易に想像できます。しかも、現地での生活拠点はどうなるのか、給与はどうなるのか、生活費はどうしようなど、考えれば考える程、不安は尽きません。でも、言葉もそうでが、先ずは赴任先の貨幣について調べたうえで、外貨両替を上手に活用すれば、きっと不安も少なくなるのではないでしょうか。

海外赴任ですから、渡航費については会社持ちが当然でしょう。でも現地に到着したその日から、現地の方と同じ暮らしが始まっていく訳です。クレジットカードで事済めばいいのですが、決してそうとは限りません。こんな時、やはり一番頼りになるのは何と言っても現金です。赴任先が決まったら、先ずは現地の貨幣に当座の生活費として両替し、そのお金で様々な準備を進めた方が日本円で日本で準備するより、余程、ゆとりが生れると考えます。他にも同社のスタッフが先にいらっしゃる訳なので、現地のお金で、「アレ買っておいて」とか、暮すのに都合のよい物件が見つかったら、素早く現金で抑えてしまったりだとか、そういう早業も可能になるでしょう。自分が選んだ会社に、海外勤務がある事をむしろ楽しみにできるかもしれません。できれば、レートの状況が良い時に両替してしまいたいですね。こんな時、直接、自分の口座に外貨で振り込んでもらえるサービスがあったら、積極的に使いたいですね。

もちろん海外出張にも役立ちます

海外勤務に外貨両替が役立つのであれば、当然、海外出張にも役立ちます。忙しい会社では、「直ぐ明日飛べ」みたいな状況もあるかもしれません。こんな時、銀行や空港に行って両替するのであれば、オフィスでWEB上で取引ができて、直ぐに外貨が準備できれば、仕事に必要な書類だったり、プレゼンだったりもしっかり準備する事に時間が割けるでしょう。また、直接の取引であればレートも銀行や空港に比べて安いので、より確実に無駄なく両替ができます。海外の勤務も出張も、自分のキャリアとしてより充実させるのであれば、賢い外貨両替の知識とその手段をしっかり準備しておく事が大切ですね。

人気記事ランキング