ビジネスで役立つ外貨両替の知識

円で買うか外貨で買うかで迷うなら外貨両替

外貨両替で賢いビジネスを実践する

世界の貨幣を知り賢いビジネスを実践する

日本の消費者は、当然ですが普段のお買い物は「円」でします。海外旅行では、当然その国の貨幣で買い物します。行き先が決まって入れば、その時のレートに従って外貨両替をします。両替で得た外貨の金額を見て、得した損したなんて事もあるかもしれませんが、基準にしているのは日本円と比較して、多かったか少なかったかと云う事です。この視点を商品を作った側に転じてみましょう。日本円で買ってもらったその商品で、どれくらいの利益になったかが大事です。一つの商品が出来上がる為には、様々な部品が必要で、その部品一つにも価格があります。小さな部品であっても、日本円で幾らかは分かりません。ならば、可能な限り部品の価格負担を低く抑えて、よりクオリティーの高い商品を作った者が、競争に勝ちます。そんな時、世界の貨幣価値を知っておく事で、より安く商品を作り上げ、より高い価格で消費者の手に届ける事が可能になります。外貨両替は、そんなビジネスチャンスを広げてくれるかもしれません。

ご存知の通り貨幣の相場は変動しています。例えば、韓国から商品の部品を買い付けようとした時に、ウォンが必要になる訳ですが、現地でウォンで買うのか、日本で円で買うのかによって差額が生じる訳ですが、ウォンで買い付けた方が安いとなったならば、一時に素早くウォンに両替して買ってしまえば、そちらの方が粗利が多く見込まれます。その時の相場を見て、より適正な価格で同じ商品を作り続けられれば、確実に利益が積み重なっていくのが市場の原理です。外貨両替を単なる海外のお金に交換するという基準ではなく、より多角的に、戦略的に利用する事ができれば、物の価値は上がっていきます。ですから、よりベストなタイミングで両替ができるように、しっかりと準備しながら、相場の変動に目を配る事が重要となります。

メインバンクを決めて素早く両替する

一般的に、日本円を外貨に両替できる場所と言えば銀行や空港です。が、レートに対して中間に業者が入ったりする事で、手元に残る金額は、本来のレートに対して、少しですが値減りするそうです。例え僅かであっても利益に上乗せできるならば、直接外貨に両替可能な業者をメインバンクにして、逸早く両替した方が良いに決まっています。取引先となる通常の金融機関とは別に、外貨両替専門のメインバンクがあると云うのは、特に製造業には大きなメリットになるでしょうし、観光業や貿易商社にとっても、メリットが大きい筈です。ビジネスがよりグローバル化している近年、社員の原価意識を高め海外のビジネスパートナーを広げていく為にも、賢く外貨両替を利用する事が望まれるでしょう。

人気記事ランキング