私設年金は早いうちから

私設年金を検討する

信用取引

私設年金は早いうちに考える

私設年金は定年後に安定的な収入を得ることで、公的年金と合わせれば、老後の生活に困ることはありません。代表的なもので不動産投資があります。ただ、不動産投資といっても、不動産の購入資金が必要です。ローンで購入して、賃貸収入をローンの返済に当てる方法がありますが、ローンの返済が終わるまでは家賃収入がほとんど入らないので、定年までにローンを返済するようにしなければいけません。そのため、私設年金は早いうちから考える方が有利といえます。

↑PAGE TOP

© Copyright 預金金利の低水準と投資商品. All rights reserved.