株式投資の種類とリスク

株式投資の取引方法

信用取引

株式投資の種類を知ろう

株式投資への関心が近年高まっておりますが、現物取引と信用取引の二種類の取引方法があります。この中でも信用取引はリスクはあるものの現物取引よりも多くの売却益を稼ぐことが可能ですので、特に注目を集めています。株式投資のこの取引は証券会社証拠金を差し入れることに行って証拠金の約三倍の金額の取引を行うことができ、大きく分けて信用買いと信用売りの二種類の取引があります。信用買いは先に購入してその後相場が上昇した際に決済すると売却益が得られる仕組みで、信用売りは先に売却して相場が下落した後に買い戻しの決済をすると売却益が得られる仕組みです。相場の動向の予想が外れなければ多くの利益を稼ぐことが可能な取引といえます。

株式における信用取引とは

株式投資では売りと買い2つの信用取引が行われます。どちらも決済する場合には、反対売買による差金決済と現物を渡す、もしくは現物を受け取る方法でポジションを閉じることができます。また、信用取引に必要な担保は現金もしくは、現物株を担保として供することが可能です。このような仕組みで取引が行われています。また、それらの残高情報は日々公開されており、投資を決定するための情報として、証券会社の提供しているアプリケーションソフトや、web上で見ることができます。使い勝手の良いアプリケーションソフトを提供してくれている証券会社に口座を開設すると、このような情報が簡単に入手可能になります。

↑PAGE TOP

© Copyright 預金金利の低水準と投資商品. All rights reserved.