預金の収益と株式投資

個人投資家の増加

信用取引

株式投資と信用取引の仕組み

預金ではこれまでのように収益を稼げないため、預金以外の金融商品への運用の関心が近年急速に高まってきております。株式投資もその中の一つであり、特に株式の信用取引を取り入れている個人投資家が大きく増えてきております。信用取引は証券会社に委託保証金を差し入れると、差し入れた保証金の約三倍の規模の取引をすることができる仕組みとなっており、主に信用買い取引と信用売り取引の二種類の取引方法があります。今後の相場が上がると予想する場合は信用買い取引を行い、上がった後に決済し、下がると予想する場合は信用売り取引を行い、下がった後に決済することによって、現物取引以上に多くの収益を稼ぐことが可能ですので、多くの人から興味を持たれております。

株の信用取引にかかる証拠金

株式投資で信用取引を行う際には委託保証金が必要になります。建玉総額の1/3を最低証拠金として証券会社に担保として提供しなければならず、担保価値及び建て玉の評価損を加味して毎日値洗いが行われますが、この1/3を割り込んでしまった場合には、3営業日以内に追加の証拠金もしくは担保を入れることが必要になります。これを追証と呼びます。また、担保の掛け目、必要証拠金率は銘柄によって異なります。これらは証券会社によっても異なるため、注意が必要です。株式投資の信用取引はこのような仕組みで行われています。取引条件はこのように日々変わりますから、注意が必要です。

↑PAGE TOP

© Copyright 預金金利の低水準と投資商品. All rights reserved.