預金金利の低水準と投資商品

投資商品への関心度

信用取引

信用取引を使った株式投資

預金金利が過去に例をみない低水準にあることから、最近は預金以外の投資商品への関心が高まってきています。その中でも株式投資も多くの人が関心を持っている運用対象の一つで、自己資金の範囲内で取引を行う現物取引以外に信用取引という取引方法があります。信用取引は証券会社に担保として証拠金を差し入れると、差し入れた証拠金の約三倍の規模の取引ができる仕組みとなっており、信用買いと信用売りという二種類の取引があります。今後の相場が上がるという予想をする場合は信用買い、下がると予想する場合は信用売りの取引をするのが有効であり、相場の動向についての読みが当たれば、現物取引よりも大きな収益を稼げるという魅力があります。

株における信用取引について

投資を行う場合には資金が必要になります。一般的には株取引を行う場合には株価と同等の現金が必要になるのが当たり前であると言えますが、信用取引という特殊な取引を行う場合には現金がなくても信用を担保にして実際の資金以上の取引を行うことが出来る仕組みがあります。例えば手元に10万円程度の資金しかなかったとしても、信用取引であればおよそ3倍の30万円程度までの投資を行うことが出来ます。この様な仕組みは口座に払い込まれている現金や、実際に保有している担保になる資産を根拠に認められているものであると言えます。

↑PAGE TOP

© Copyright 預金金利の低水準と投資商品. All rights reserved.